イタチ駆除を自分で行う方法

いつの間にかネズミが家の中に忍び込んでしまい繁殖を始めると、夜中に走り回られたり柱をかじってしまうなどの被害がありますが、最近はネズミだけでなくイタチが家の中に入り込んでしまう被害も増加傾向にあります。

自然環境の減少と住み心地の良さから、一度入り込んでしまうと繁殖を繰り返したり毎年訪れる様になってしまうのです。ネズミよりも大型で糞尿の被害も深刻になってしまいますし、凶暴で活動範囲も広い事から家中が不衛生になってしまうので、見つけたら早くイタチ駆除を行わないと被害は増大します。

自分でイタチ駆除を行う場合はネズミ捕りよりも大型の捕獲機を設置する方法がありますが、イタチは鳥獣保護法や狩猟法によって適切に捕獲する必要がありますし、特にメスのイタチは狩猟獣ではない事から、捕獲期間内であっても捕獲することは出来ないので注意が必要です。他にはイタチ用の忌避剤を散布してイタチが住みにくい環境を作る事も有効ですし、強烈な光でイタチを驚かせる方法もあります。これはセンサー付きでイタチなどの動物が機器の近くを通ると、センサーが反応して強力なストロボ発光を照射する物で、人間に見つかったと危険を感じたイタチが逃げ出すと言う効果を期待出来ます。しかしイタチは他の動物よりも学習能力が高く警戒心も強い為に、徹底的なイタチ駆除を行わないと逆効果になってしまいます。こう言った事から素人がイタチ駆除を行う場合は計画性を持って下調べしておく必要があるのです。

仕事が忙しかったり手に負えそうにない時は、初めから専門業者に依頼すれば確実に駆除してくれますが、業者を探す際にもランキングや口コミサイトで下調べすれば、追加料金で高額請求されたり駆除が失敗して後悔するようリスクも無くなります。いつの間にかネズミが家の中に忍び込んでしまい繁殖を始めると、夜中に走り回られたり柱をかじってしまうなどの被害がありますが、最近はネズミだけでなくイタチが家の中に入り込んでしまう被害も増加傾向にあります。自然環境の減少と住み心地の良さから、一度入り込んでしまうと繁殖を繰り返したり毎年訪れる様になってしまうのです。ネズミよりも大型で糞尿の被害も深刻になってしまいますし、凶暴で活動範囲も広い事から家中が不衛生になってしまうので、見つけたら早くイタチ駆除を行わないと被害は増大します。

自分でイタチ駆除を行う場合はネズミ捕りよりも大型の捕獲機を設置する方法がありますが、イタチは鳥獣保護法や狩猟法によって適切に捕獲する必要がありますし、特にメスのイタチは狩猟獣ではない事から、捕獲期間内であっても捕獲することは出来ないので注意が必要です。他にはイタチ用の忌避剤を散布してイタチが住みにくい環境を作る事も有効ですし、強烈な光でイタチを驚かせる方法もあります。これはセンサー付きでイタチなどの動物が機器の近くを通ると、センサーが反応して強力なストロボ発光を照射する物で、人間に見つかったと危険を感じたイタチが逃げ出すと言う効果を期待出来ます。しかしイタチは他の動物よりも学習能力が高く警戒心も強い為に、徹底的なイタチ駆除を行わないと逆効果になってしまいます。こう言った事から素人がイタチ駆除を行う場合は計画性を持って下調べしておく必要があるのです。仕事が忙しかったり手に負えそうにない時は、初めから専門業者に依頼すれば確実に駆除してくれますが、業者を探す際にもランキングや口コミサイトで下調べすれば、追加料金で高額請求されたり駆除が失敗して後悔するようリスクも無くなります。
イノシシ駆除のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *