ネズミ撃退のプロはどんな作業を行うのか

ネズミが好む住宅の条件は、「出入りがしやすい環境にあること」、「暖かく、エサを確保しやすいこと」、「安全であること」などが考えられます。日本の住宅は、高温多湿で虫が発生しやすいといった理由で、暖かく、エサを確保しやすい環境にあると言えます。また、ネズミの天敵となるイタチやキツネ、タヌキといった肉食動物や、フクロウやトビといった大型の鳥、ヘビなどの爬虫類が侵入する危険性はまずありません。したがって、ネズミが出入りがしやすい環境であるかどうかが、大きな分かれ目になると言えます。

このような理由から、ネズミ撃退のプロたちは、撃退と防除を同時に行います。どちらかというと撃退よりも防除の方が優先される傾向すらあります。防除の具体的な方法としては、家屋の状況を細かくチェックし、ネズミが侵入できそうな隙間を徹底的に封鎖していきます。この作業が終わってから、ネズミ撃退の作業を本格的に行います。

ネズミ撃退は、捕獲器や超音波といった物理的な撃退法と、殺鼠剤や忌避剤などの化学的な撃退法が考えられます。これらの方法は、全てネズミの習性を利用しながら行っていきます。ネズミは種類によっては、捕獲器にかかりにくいものも見られますから、プロは種類を特定しながら最適な撃退法を探ります。時には複数の撃退法を併用することで、より確実な撃退を行います。

既にネズミが出入りする隙間は封鎖されているため、新たなネズミが侵入することもなければ、家屋内に生息する個体が外に出ていく心配もほとんどありません。自力でネズミ撃退を行うのであれば、このようなプロの方法を参考にすると良いでしょう。電気でねずみ駆除のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *