ネズミ超音波を使ったネズミ駆除

秋から冬の季節になると、ネズミ被害が多く報告されるようになります。それは、ネズミが暖と食料を求めて住居に入り込んでくるためであると言われています。ネズミは、他の動物に比べても繁殖力が強いことから、駆除が遅くなってしまうとあっという間に数が増えてしまうため、ネズミを見つけた段階で如何に早く駆除を行うかが重要になってきます。特に、ネズミはゴミを漁ったり汚い場所を住処にしているため、病気の病原体やウイルスを多く持っており、ネズミの糞や尿などを経由して人体に入ると、人間が病気に冒されることもあります。

そのため、ネズミを見つけた段階でいち早く駆除を行うことが重要になると言えるのです。そんなネズミ駆除の方法には、粘着テープやねずみ取りなどの罠を仕掛けるものから、スプレーや毒エサを使ったものまで様々な種類がありますが、こうした駆除は一時しのぎになってしまいがちで、根本的なネズミの駆除につながらないこともあります。しかし、こうした罠などに加えてネズミ超音波を取り入れることで、今いるネズミを駆除するだけでなく、今後ネズミが住居に立ち入らないようにすることが可能になるのです。ネズミは、視覚が弱い動物ですがその分、嗅覚と聴覚が優れています。

そのため、ネズミ超音波を使ってネズミの嫌がる超音波を発することでネズミがより着かなくさせることが可能になるのです。また、ネズミ超音波はねずみ取りや毒エサなどとは異なり、小さい子供を持つ家庭でも安心して使用することができるため、ネズミ駆除に大いに役立っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *