ねずみ駆除のコツ・ねずみの生態を知ろう

現在日本では、27種類ものねずみが生息していますが、その中でもドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種類がねずみ被害の主な種類です。私たちの生活環境の近辺で生息し、住宅やビル、小屋などに棲みついて人に被害を与えます。主な被害としては、伸びる歯を削るために硬い物をかじる習性があります。これがねずみ駆除が必要な理由のひとつです。

壁や木材をかじるのはもちろん、電気配線をかじった場合、故障したり火災を起こす原因になるからです。また、ねずみの排泄物は屋内や物を汚します。そして、ねずみ本体やねずみの巣にはダニが発生・繁殖しており、また病原体や寄生虫をばらまきます。こういった、被害も重ねて、ねずみ駆除をしなければなりません。

単に屋根裏で騒がしかったり、食べ物を食べ散らかしたりといった被害だけではないためです。ねずみ駆除グッズを買う前に、まず予防策・基礎知識を学んでおきましょう。ねずみが生息する条件として、餌・巣を作るのに適した場所・巣材・自由に活動できる空間の4つがある環境だと生息しやすいです。餌に関しては、生ゴミの管理や、テーブルや台所の床にこぼした食べかすなどが食料となってしまいます。

常に清潔に心がけ、食品はねずみが侵入しにくい場所(冷蔵庫や密封して棚の中に入れる)に保管して、食料を断ちましょう。巣を作りやすい場所・自由に活動できる空間とは、狭く物陰になりやすい場所。壁の裂け目や隙間を埋めたり、通風口に金網を仕込んで家屋への侵入を防ぎましょう。暗く物陰が多いと彼らは動きやすいので、きれいに片付けて見渡しの良い部屋にするよう心がけましょう。

巣材はわらや新聞紙など。古紙などは溜めず逐一処理しましょう。ねずみ駆除のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *