ねずみ駆除に有効な方法

夜中ずっと屋根裏や壁の裏でカタカタ、カリカリかじる音が聞こえてうるさい、という騒音が気になり始めたら、電話線や家電の配線をかじって火災になる前に早めのねずみ駆除が必要です。ねずみ駆除の方法の前に、知っておきたいのが「ねずみ駆除」と「ねずみの侵入防止」の2つが必要であるということ。ねずみをせっかく退治・追い払っても、例えば窓を開けっ放しにしていたら後からどんどん入ってきて、退治した意味がないでしょう。効果的なのはねずみ駆除をしつつ、侵入経路を断つ、という2点です。

まず、侵入経路を断つ方法として、ねずみが侵入しやすい壁の裂け目や隙間を埋める、通風口や排水管などに金網・ねずみ返しを設置する、などが挙げられます。家の外、屋内をくまなく点検しましょう。さて、次はねずみ駆除の具体的な方法です。主な方法は、捕獲・毒エサ・忌避の3種類です。

まずは捕獲ですが、一番簡単で手っ取り早く駆除できるのが粘着シートです。ゴキブリホイホイと同じシステムと言えばわかりやすいでしょう。ねずみが普段通りがちな壁際や物陰、家具の隙間など狭くて暗い場所を見極めて、家の中に数カ所設置すると効果的です。シートに置くエサは腐りにくい食品を置くと良いでしょう。

次に、毒エサです。これは殺鼠剤をエサに混ぜて食べさせて、仲間のフンを食べる習性を活かして一匹だけでなく複数のねずみを同時に死に追いやるという方法で、最初は無毒のエサを設置して、慣れて来たら少しずつ毒の量を増やすという気長な作戦ではあるものの、一網打尽にできるメリットがあります。そして、忌避は、ねずみの嫌がる臭いを含んだ忌避スプレー、音・振動・光を嫌がるので超音波式駆除器やLED式といったものを利用します。ねずみを追い払う効果があるため、捕らえたねずみや死骸を処理しなくて良いので、衛生的にも精神的にも良い駆除法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *