ねずみ駆除の効果的な方法

害虫として挙げられる動物の代表例が「ねずみ」ですが、日本には20種類のねずみが生息しているとされています。中でも「ドブネズミ」や「ハツカネズミ」などが代表例で、これらのネズミは家屋に住み着き様々な被害をもたらすのでねずみ駆除が必要です。保管している食べ物をかじられるというのはよく聞く問題だと思います。本来、ねずみには硬い物をかじる習性があるためですが、硬いものであればそれは食べ物だけとは限らず、家屋の柱や家具、電気などの配線をかじる場合があります。

これが家屋の劣化を進め、電気火災などの被害に繋がる恐れがあります。また、ねずみが排出する尿や糞は汚染の原因です。各種の病原体や寄生虫を媒介するほか、食中毒の原因にもなります。ねずみ駆除にはいくつかの方法がありますが、基本的なことは「ねずみを家屋内に入れないこと」です。

まずは家屋内に侵入されないよう、侵入口となる隙間や配管を金網などで塞ぎます。最近では禁忌剤を含んだ防ねずみ用の製品もあります。また、建物の内外でねずみの餌となる食べ物を放置しないようにすることが必要です。また、ねずみは布や新聞紙などを集めて巣を作るので、これらもまた日頃から片付けることを徹底します。

また、屋外の配線などをかじられる恐れがある場合は市販の禁忌剤を塗布しておく方法が効果的です。効果は雨ざらしになるなどによって大きく変わりますが、定期的に塗布することで効果は持続します。ねずみ駆除では他にも殺鼠剤やねずみが嫌う香料を使う方法も有効です。電気でねずみ駆除のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *