屋根裏の被害からからねずみ駆除を考える

ねずみ駆除で被害が多いのがねずみが屋根裏で夜になると走り回って五月蝿いがよくあるケースです。屋根裏のねずみの大運動会と言う訳ですが実はそれはねずみの習性です。特にクマネズミは屋根裏が大好きです。しかも他のネズミより賢いので罠が通じない事が多いです。

また警戒心が強く環境変化を嫌うのでクマネズミが侵入していると解っているならがらっと出没地域を変える等不快な環境にする事によってクマネズミの方から出て行かせる手段があります。基本的にねずみ駆除をするにあたって重要なのは何処から入って来ているか?ねずみにとって住み心地が良い環境ではないか?そこから何処に出現するルートがあるか?他に出没していないか?にあります。ねずみ駆除をするにはねずみがどう行動するか調べる事が必要なのでねずみの糞や齧った後を見つけてそこへのルートを潰す事が重要です。特にネズミは穴が好きなので穴を塞ぐ事は必須です。

何故なら住み着いた家にある穴はネズミの生活を握っているからです。穴だけではなくタンス等の隙間もネズミは好きなのでそう言った隙間も塞ぐ事が必要です。また自ら穴を作る事もあるので齧られにくい仕組みにしなければ成りません。また部屋を綺麗にする事も欠かせません。

ネズミはゴミも大好きだからです。齧りがいのある食べ物やペットの餌等はうっかり放置するとネズミに食べられさらに居着く理由に成ってしまいます。また子づくりの巣の材料となる物としてティッシュや布断熱材や段ボールにビニールと言った物もネズミが家に居着いてしまう環境を増長するので片付ける習慣が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *