自分で出来る、ねずみ対策

屋根裏やキッチンなど、家中をうろついたり、食べ物の袋を食い散らかしたり、柱や壁・配線をかじったりと、放置すれば深刻な問題となってしまうのがねずみの被害です。特に家電製品のコンセントをかじられると危険で、故障や火災の原因となるため、早めの対策が必要となります。手っ取り早いねずみ対策としては、業者に依頼するのが早いし確実ですが、高額です。なので、ホームセンターやドラッグストアで手に入れられるねずみ対策グッズを使用して、ぜひご自分でねずみ対策にチャレンジしてみましょう。

まず、「ねずみの駆除」が必要です。ポピュラーなグッズとしては、粘着シートが真っ先に浮かぶと思います。ゴキブリホイホイなどとシステムは同じ。トリモチで捕らえる、という構造こそシンプルですが、この効果は絶大で、最も即効性が高いです。

ねずみがよく通る・出現する箇所を見極め、その通路となる箇所に設置しましょう。複数設置するのがコツです。次に、古来から広く利用されてきた方法が毒のエサ。殺鼠剤と呼ばれる薬品をだんごに練って混ぜて、食べたねずみを死に至らしめるという、原始的ながらも効果的な方法です。

ただし、確実ではあるものの、数回に分けて徐々に毒の量を増やすなど、手間がかかったり、小さなお子さんやペットを飼っている場合は向きません。この他、処分が楽な超音波式タイプやLED式の駆除器もあるので、環境に応じて使い分けると良いでしょう。そして、「ねずみの侵入防止」も忘れずに。せっかく退治しても、新しいねずみが入ってきたのでは意味がありません。

壁の隙間や裂け目、屋根裏の通風口を網やねずみ返しなどで塞ぎましょう。ねずみ対策の要は、駆除と侵入防止のふたつということを覚えておいてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *