手相のますかけ線の特徴

手相においる強運の目安としてますかけ線は挙げられており、天下を取るような偉業を成し遂げる人にしかない天下筋と同じく非常に希少です。この線は知能線と感情線という本来であれば別々である線たちが1つとなった状態で、そのまま掌を横切っています。片手に現れるだけでも希少ですが、両手に現れる場合は滅多にないです。まさしく大吉相と呼ばれる手相のますかけ線の持ち主は基本的に強運とされています。

例えば金遣いが荒くても家が資産家であるため、親が金銭面の工面をしてくれたり、事故や災害に巻き込まれても運良く回避したりなど危機的な状況に遭遇しても生き残る事が可能です。単純に巡り合わせや運といった不確かな話であるものの、この線の有無次第で差がはっきりと出てしまいます。逆に言えば人生のトラブルや仕事の浮き沈みや激しいと言えますが、元々勝負運に恵まれているので心配はないです。他にも、手相にますかけ線を持った人には高いリーダーシップが特徴として挙げられます。

高いリーダーシップ、すなわち周囲とのコミュニケーション能力に優れている事です。カリスマ性もあり、多くの人間を自分に引き寄せる才能もあります。集中力も優れており、仕事では実力以上の成績と画期的なアイディアを生み出すセンスがあるものの、それはひとえに周囲の人間と環境のおかげです。真っすぐな性格であるため、柔軟性のなさが玉に瑕ですが、順調に進めば成功が約束されています。

電話占いリエルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*